スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ レビュー

プレイステーション4(PS4) スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズレビュー・感想のページです。
スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ - PS4
アマゾンで購入。
楽天市場でスーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズを検索。
公式サイト 攻略メモ
発売日:2016年6月30日
対象年齢:B(12才以上対象)
コンテンツアイコン:犯罪、暴力、セクシャル
評価:☆☆☆
レビュー掲載日:2017年2月22日

【攻略サイトリンク】
攻略の缶詰
スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ 攻略WIKI

スーパーロボット大戦シリーズ25周年記念タイトル第1弾と同時に、スーパーロボット対戦OGシリーズのエピソード4。
タイトルが変わったので分かりにくいですが第2次スーパーロボット大戦OG
スーパーロボット大戦OG ダークプリズン魔装機神F COFFIN OF THE ENDの続編となります。
タイトルが変わったのは新規ユーザーを呼び込むためだとか。
新規プレイヤー向けの新システムとして、SRポイントに関係なく難易度がノーマルに固定され、
SRポイントを入手するとPP以外に資金20000をボーナスとして貰えるビギナーズモードを搭載。
ただし、ビギナーズモードを選択すると0話がカットされ、地上ルート2話から始まるという強制ルート固定があるので注意。
それ以外のシステムはスパロボOG ダークプリズンとほぼ同じです。

ストーリーはスーパーロボット対戦Jとスーパーロボット大戦GC(XO)のシナリオが中心となるため、
スパロボJとスパロボGC(XO)のキャラクターがメインとなります。
スパロボJは説明不足な点やキャラクターの性格が突然変わると言った謎の要素がありましたが、
本作では設定が補完され、新たな設定も追加された事によって、意味不明な事にはなっていません。
ちなみに、その影響でトーヤの搭乗機のグランティードの設定が凄まじい事になっており、まさに重要な切り札と言える存在に変貌しました。
しかし、そのせいでトーヤはスパロボJ以上に過酷な道を歩む事になってしまうのですが・・・

さらにザ・グレイトバトルシリーズの敵キャラクターも登場するため、コウタとロアも重要人物として出番が多いです。
また、第3次スーパーロボット大戦αのシナリオに繋がる展開も少しあります。

音楽は前作までの使いまわしも多いですが、曲自体は良いです。
また、スパロボJの曲は良いアレンジがされています。

セーブ、ロード時間は非常に早い。

難易度は序盤は命中率が悪いので辛いですが中盤以降、仲間が増えていけば楽になります。
ただ、命中率に関しては終盤でも中途半端になる事があります。
SRポイントの習得条件は簡単なのもあれば、二周目以降でも難しいものもあります。
なのでビギナーズモードではボーナスを得るのが難しすぎるという状況に陥る事も。何のための初心者用モードなのか。

難点は第3次スーパーロボット大戦Zシリーズで出来たイベントを一気にカットする事が出来ない事。
特殊演出がカット出来ないのは2周目以降のプレイで痛い。
また、本作ではキャラクターのエースボーナスの一部が各キャラクターの個性を生かしたものになっていますが、
特定のキャラクターや機体が同じ部隊、または1マス以内にいる事が条件のボーナスだったり、
その人物らしいと言えばらしいですが、活用する機会がないボーナスだったりと、
活用方法が難しい・ほぼ死に機能と化しているボーナスが多いのが困りもの。

まさにスーパーロボット対戦OG、新章と言える展開が繰り広げられます。
でも、新規ユーザーはいきなり本作から始めるのは色々な意味でおすすめできないかな・・・

【テレビゲームレビュー一覧】
Wii U・Wiiゲームレビュー / プレイステーション4・プレイステーション3ゲームレビュー / プレイステーション2ゲームレビュー
プレイステーションゲームレビュー / スーパーファミコンゲームレビュー / 携帯ゲームレビュー
その他機種ゲームレビュー / 挫折したゲーム